🚛送料無料

トリュフ

black truffles

トリュフ(フランス語truffe、英語のtruffle)とは主にオークの木の根に寄生する天然の蕈(キノコ)の塊であり、約40種類あり、フと黒トリュフが美食業界で最もよく知られています。トリュフの成長条件は敏感で、光、水、または土壌の酸とアルカリ値のわずかに変化でも、成長することができません。トリュフの風味はとてもユニークで、年間の収穫量も極めて少なく、高級食材として、洋食業界では「台所のダイヤモンド」や「地下の黄金」と呼ばれ、キャビア、フォアグラとともに世界三大珍味と称されています。 

2007年に、マカオのカジノキングと呼ばれてるスタンレー・ホーがUSD330,000で1.5キロのホワイトトリュフを落札したこと、また、トリュフを食べた78歳の高齢者が子供を授かったという実話もあります。 トリフには高級食材としての評価が世界的に定着している上にアンドロゲン作用や不老不死作用等の言い伝えもあり、生活機能改善、向上を通して生活の質(QOL)の確保を図る食品や化粧品素材として魅力的であり、高級機能性嗜好品は国内のみならずトリフ文化の定着している西欧社会におけるニーズも期待できる。従来トリフは天然のものが希少価値を発揮していたが、エスティ㈱は世界に先駆けてその人工培養に取り組んだ。培養トリフは天然トリフに比べてコスト優位性が非常に高いだけでなく、素材としての安定供給、品質の安定性が確立されるために信頼性のある科学的データの収集が可能であり、それらのデータで裏打ちされた高付加価値素材の提供が上述の様な新たな概念の製品開発を刺激する事にもなる。

脚注

世界一高価なトリュフ

日文
日文